笑顔

実は恐ろしい病

女性

高脂血症は別名「脂質異常症」といわれています。自覚症状がほとんどないため、日常生活では気づかない人が多くいます。健康診断などで医師から指摘され、そこではじめて気付くケースがほとんどです。また、痛みや目に見える症状がほとんどないため、医師から指摘されてもそのまま放置してしまう人が少なくありません。しかし、高脂血症は放置しておくと心筋梗塞や脳梗塞を併発してしまい、最悪の場合死に至る可能性があります。そのため、健康診断で高脂血症だと指摘された場合は、すぐに食生活の改善を図り、健康的な血液を取り戻しましょう。高脂血症は血液中にある脂質が異常に増える症状です。高コレステロールの食事を好んで食べる人や、運動不足の人は発症しやすいため注意しましょう。

ごくまれなケースではありますが、中には遺伝により高脂血症を発症する人もいます。家族性高コレステロール血症と呼ばれ、ひじやひざ、アキレス腱のあたりにコレステロールの塊が出来てしまうのです。生活習慣が原因によって発症する高脂血症では症状がほとんど現れませんが、家族性高コレステロール血症の場合は、手の甲やひじ、ひざなどに硬い盛り上がりが発生します。また、まぶたに黄色い斑点状の盛り上がりがでることもあります。しかし、家族性高コレステロール血症は非常にまれなケースなので、ほとんどの高脂血症が健康診断などの血液検査で発覚します。発覚した後は、きちんと対策を施し、血液中の脂肪を解消していくことが大切です。一般内科や内分泌・代謝科などがあるクリニックで適切な治療を受けましょう。