笑顔

脳梗塞の恐ろしい症状

女

脳梗塞は脳が壊死してしまう症状です。また、壊死した部分によって症状は大きく異なります。そのため、脳梗塞の人でも人によって見られる症状が大きく異なるのです。脳梗塞は突然の発作からものの数分から数時間の間で症状が急速に進んでいきます。その後、脳の組織が壊死してしまい、体動かせなくなるなどの症状が現れます。脳梗塞で最も多く見られる症状は主に麻痺症状です。体の片側や顔面が脱力してしまう片麻痺などが多く見られます。感覚がほとんど感じなくなってしまう感覚障害や、話す行為に支障が出る失調症状なども現れます。人間らしい生活ができなくなってしまうこともあるので、脳梗塞は日頃から予防することが大切です。今では「明日は我が身だ」といわれるほど、脳梗塞はめずらしくはないのです。

脳梗塞は主に高齢者が発症します。また、脳梗塞を発症した患者の多くが男性です。高血圧や糖尿病、脂質異常症などを抱えている人は併発しやすいといわれています。さらに、心臓病やストレス、喫煙者やお酒を大量に飲む人なども脳梗塞を発症しやすいといった特徴があります。生活習慣が乱れている人は脳梗塞を発症しやすいため注意しましょう。また、おじいちゃんや周囲に住んでいる高齢者の生活習慣が乱れていると感じた際は、すぐに改善するよう促しましょう。意識障害や麻痺、失語症やふらつきなどの症状が現れた場合も、脳梗塞が疑われるためすぐに受診させるようにしましょう。クリニックでは適切な治療や予防を施してもらうことができるので、まずはクリニックで健康診断を受け、適切な予防策を知ることが大切です。