笑顔

免疫細胞を使った治療方法

女性

自身の体にある免疫細胞を使用し、がんを予防する治療方法を「免疫療法」といいます。人の体にはさまざまな免疫細胞があります。これは異常細胞ががん化してしまうのを防ぐ働きがあります。また、免疫細胞には異常細胞を見つけ、追い出す力ももっているので、免疫細胞が多くある人は健康的な体を維持しやすいといえます。健康的な人でも、一日に数千個もの異常細胞が発生するといわれています。しかし、免疫細胞が異常細胞をすぐに見つけ、追い出してくれるので発症や進行を防ぐことができているのです。異常細胞の中にはこの免疫機能を抑えつけてしまうものもあります。これらに負けない免疫細胞を作ることが免疫療法の目的です。体の外で人工的に免疫細胞を増やしたり、強化させたりした後、体の中にパワーアップした免疫細胞を戻すことでがんの発症、進行を抑えます。免疫療法に興味がある人は、適切なクリニックを探しましょう。

免疫療法ではまず患者さんから血液を摂取します。摂取した血液の中から免疫療法で使用する免疫細胞を取り出します。このとき、血液のみならず血液成分からも免疫細胞は摂取することができるので、血液を摂取したくない人も安心です。次に、取り出した免疫細胞に専用の培養液や薬剤などを使用し、免疫細胞を活性化させます。その後、免疫細胞を薬剤から取り出し、活性化したことを確認した後、洗浄・回収を行ないます。生理食塩水といっしょに点滴で患者の体内へ戻します。これが免疫療法の一連の流れです。自身の免疫細胞を使用するため、副作用などがほとんど見られません。また、抗癌剤などを服用している場合でも免疫療法は受けられるので安心です。がん手術などを受けた直後やがん細胞が弱っているときが最も効果的です。